75.恐怖の体験談

72.嗚呼、勘違いから75.恐怖の体験談です。

子どもの頃の夏休み田舎では蛍狩り。
夕方になるときれいな光りで満ちていた。
ゆらゆら光る蛍を追って、カゴを片手に坂道を走った。

何人もの子供たちがあっちにこっちにはしゃいでいたのに、
気がつけば1人暗闇の中!

周りは真っ黒に影を落とした大木ばかり・・・
すっかり蛍もみえなくなった。

蒸し暑い風が吹いてざわざわと木の葉が鳴った。
木の陰から月の光りに照らされてキラっと光る鎌が見えた。
恐怖に駆られて、トップスピードで走った。
走っても走っても後ろからの気配がなくならない。
やがて道が分からなくなった。
立ち止まって窺うと不審者の影はなかった。
右や左を見てもあたりは見覚えもない。

木の間から水面が見えた。
そこには雲から半分出た月が映っていた。
光りを受けてちょっとほっとしたその矢先。
水がごーーーっと浮き上がった!
龍のような水柱から真っ赤な口を開けた怪物が出現した。
その顔を見たとたん、凍り付いて動けなくなった。

それは宿題、宿題とうるさい田舎のおじさんだった。
よく見るとその怪物はタオルで鉢巻をしていた。

積みあがった夏休みの宿題に恐怖する小学生の時!
夏の一夜の夢の体験談です。
[PR]

by pera10sei | 2006-10-17 15:44 | 他愛もないこと