熊の救済

エサ不足のクマに、都会のどんぐりを贈ろうという呼びかけが
広まっているようです。
自然保護団体「日本熊森協会」(兵庫県西宮市)の指定送り先には、
封筒や小包、ダンボールで二百件を超すどんぐりが届いている。

全国からの問い合わせが殺到して電話もパンク状態らしく
どんぐり集めは一度中断。
これまでに兵庫県内で三回に分けて七百キロの
どんぐりを奥山に運んだそうです。

効果を検証しながら、熊が冬眠に入る十一月まで続ける予定らしい。
どんぐりは害虫などが混ざらないように、ゆでてから、奥山に運ぶそうだ。

協会では福井、富山県で、仕事を手伝ってくれるボランティアを募集しています。
生態系を乱さないように、専門家とも相談しながらどんぐりを運んでいる。
豊かな奥山の自然を考える契機にして欲しい」とのことです。

ボランティアの応募は・・・
JBF A@mc3.seikyou.ne.jp
[PR]

by pera10sei | 2004-10-20 15:03 | 他愛もないこと